忍者ブログ

ムウマージが大好きです。ムウマージの魅力を少しでも広めていきたいです。

   
ムウマージとゲンガーをもう一度比較してみる

アキヒロです。ゲンガーもドンカラスも好きですよ。むしろ憎いのはバンギラスとかいう手足の生えた蛹。

さて、ムウマージでグーグルすると、「ムウマージ強い」「ムウマージはゲンガーの劣化」というやりとりをよく見かけるわけです。今回はそれに反論していこうと思います。
僕から言わせると、サーナイトはフーディンの劣化か?という話。違いますよね。
ゲンガーの身代わりがクレセリアのサイコキネシスを耐えますか? ゲンガーが電磁波と鬼火を打ち分けられますか? 毒々なしでゲンガーがハピナスとタイマン張れますか?

できることが全く違います。

ムウマージを育てて対戦で使って「やっぱり劣化ゲンガーだな」という感想を持つ人はそもそもムウマージの使い方を間違えてます。
何度も言いますがムウマージじゃ適当に攻撃したって倒せません。たとえ弱点を突いてもです。
某所で見かけたことがありますが、フルアタゲンガーってのは正直微妙で、フルアタムウマージはその微妙なゲンガーをさらに微妙にした構成だそうです。この文章を見たときは感動しました。まさにそのとおりです。
ゲンガーが強いのは「鬼火」「道連れ」「催眠術」などの強力な補助技を打ち分けることができるから。あるいは、何をしてくるかわからない強さ。ところが、シャドーボールを中心にすべての技を攻撃技にしたゲンガーって正直突破しやすいのです。鬼火も催眠術も道連れも警戒する必要がないわけですからね。
その微妙なゲンガーのCSをさらに少しずつ削れば弱いのはそりゃ当然です。

ムウマージの強さはそこではありません。
よく見かける「ゲンガーよりDが高いだけ」という文にツッコミを入れたいと思います。そのDが違えばできることはガラッと変わります。

前述のとおり、Dに厚く振れば耐久ポケモンのメインウェポンを身代わりが耐えます。CではなくHに振れば等倍特殊技は大抵耐えます。そこを活かしていきましょう。
たとえば、ゲンガーは瞑想を覚えません。差別化用にそれを入れて、相性のよさ気な痛み分けを入れて…と、差別化を考えると全く違う型になっていきます。
フルアタが微妙な以上、Sを削って耐久に多めに割いて、完全に耐久ポケモンを相手にすることに特化した構成も考えられます。トリトドンヤドランの前に堂々と居座って身代わりを貼ってみるのもいいと思います。ムウマージはHが低いので、耐久ポケに対する痛み分けはかなり刺さります。

ムウマージはSがそこそこ高いポケモンですが、勘違いしないように。相手を2回殴るためのものではなく、相手より先に鬼火を入れるためだったり、少ない努力値で遅い相手を抜かすためのものだったり。ほんっっとーーーーにくどいですが、ムウマージで殴るならゲンガーで殴りゃいいんです。例えばですが、Sに164振れば最速80族を抜けます。
耐久ポケの目の前で積めるだけ積んで殴るもよし、呪い痛み分けで耐久を潰していくもよし。

とまぁ、メガシンカを習得してまでゲンコでボコりたいゲンガーさんとは違って、ムウマージは生意気な立ち回りが大好きなポケモンなのです。そもそも自分よりアタッカー向きなポケモンがいるのに真似してアタッカーなんかやっちゃダメです。
それでも「そんな面倒なことしなくてもゲンガーで殴ればいい話」と思う脳筋な人はゲンガーでポリゴン2を突破しようとすればいいんじゃないでしょうか。

どうでしょうか。ゲンガーとムウマージは似て非なるポケモンだと証明できたでしょうか。
まぁ、僕からすればゲンガーではなくムウマージだという理由だけでムウマージを使う理由になるんですけどね。


ときに、アキヒロさんはムウマージのメガシンカが来るとしたら耐久種族値の向上を期待します。攻撃面の強化はゲンガーがされたわけですしね。
やっぱりゲンガーとは別のポケモンであってほしいです。
PR
  
COMMENT
NAME
TITLE
MAIL (非公開)
URL
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
PASS (コメント編集に必須です)
SECRET
管理人のみ閲覧できます
 
No Title
パワージェムとかいう希少技を使えたりしますが、単純なアタッカーにするならゲンガーの方がいいですよね
今ムウマージ育成していたんですが一旦見直したいと思います
  • NONAME さん |
  • 2016/03/07 (16:21) |
  • Edit |
  • 返信
プロフィール
HN:
アキヒロ
性別:
非公開
自己紹介:
オススメ記事→ / /
P R
Copyright ©  -- ムウマージカルシャイン --  All Rights Reserved

Design by CriCri / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]