忍者ブログ

ムウマージが大好きです。ムウマージの魅力を少しでも広めていきたいです。

   
カテゴリー「レギュラー」の記事一覧
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


アキヒロです。
今回は、以前メガスピアーとかどう使えばいいんですか…」とまでほざいていた彼の使用感をまとめたいと思います。
この子もミキストくんと同じ方から頂いた子。いつもお世話になってます。


メガスピアー♂・アイアス
※Lv50時実数値:141-139-75-x-101-126
メガシンカ後:141-199-75-x-101-203

すみません。レベル上げがハピナス道場になってからレベル50調整完全にサボってます。
元々、対戦用個体を親にしたりとかしててレベル50にこだわりはなかったんですけども。

先に言いますが、メガスピアーにちょっとでも興味がある人は育てたほうがいいです。
見直します。惚れます。僕の場合、自身最高レートを更新しました。
(※極端に高いわけじゃないので聞かないでください)
久しぶりにカテゴリーをレギュラーにするくらいにはお気に入りです。

さて、メガスピアーの最大の特徴といえば、極端すぎる種族値。もう一度見てみましょう。
メガ前:65-90-40-45-80-75 → メガ後:65-150-40-15-80-145
ここまでやってくれるといっそ気持ちいいですね。
まずなんといっても目がいってしまうのは都合が良すぎるCの下がり方かと思いますが、よく見ると耐久があってないようなものなのもひどいですね。メガ前据え置きです。特殊はちょっと厚いような気がしますが、サブウェポンとしてメジャーな大文字や熱風で死ぬので錯覚です。
これでは大抵の物理技で一撃。普通に攻撃を受ければまあ余裕で死にます。だったらやることはひとつですね。

殴られなければどうということはないんです。

なので、蜻蛉返りはメガスピアーになくてはならない技と言っていいでしょう。
幸いにも中途半端なことはせずイエスかノーかハッキリとした種族値になってくれてるので、しっかり調整すれば適当なポケモンがスカーフを巻いたくらいじゃ抜けないです。
(※最速80族スカーフはギリギリ抜けません。うーん、惜しい!!)

そして、メガスピアーをさらに極端にするのが特性「適応力」。一致技の威力補正が1.5倍から2倍になります。単純に考えて蜻蛉返りの威力が特化ガブの地震並になるということですね~。ヌケニン以外に無効にされずにそんな威力の技を打ちつつ交代し、有利なポケモンを後出しできるんです。
このスカーフ70族を超えるSからの適応力蜻蛉返りで相手をかき乱し、終盤の毒づきで掃除をしていくのが基本的な立ち回り。

んで、真っ先に思い浮かぶ仮想敵はファイアローですね。
パーティでガチガチに対策しましょう。最低でも2匹はファイアローに対抗できるポケモンを入れるべきです。いや、マジで。トップメタ中のトップメタのファイアローが相手のPTにいた瞬間対戦ありがとうございましたなのはまずいです。
さらに、蜻蛉返り4分の1・毒づき無効のギルガルドもどうしようもなくまずいです。アイアスくんで相手するのは諦めて後続で対処しましょう。

逆に言えば、気をつける相手さえしっかり把握しておけば大丈夫。
ようは、
・先に高火力特殊または物理技で攻撃される
・一致技が両方ともほとんど通らない
・悪戯心で電磁波、鬼火などを撒いてくる(ボルトロス、クレッフィ、ヤミラミなど)
こういった連中に気をつければあとはどうとでもできるってことです。どうにかしましょう。

蜻蛉返りだけが仕事では意味がないです。
タイプ一致の毒づきで一撃で倒せる相手には打ってしまいましょう。さきほども書いたとおり、特化ガブの地震と同じくらいの火力はあります。詳細なダメージ計算はのちほど…
アイアスくんで三タテを繰り返して本当にアキヒロか?と見紛うレベルの連勝を重ねていて、やはり相手はアイアスくんの火力で計算が狂っているようでした。こちらの攻撃を耐えられると踏んで居座って毒づきで落とされ、残るはアイアスくんに不利なポケモンのみ…なんてこともありました。交代で出てきた毒づき半減ポケモンに毒が入って蜻蛉返り圏内に入ったりとかも。

で、守るに関しては安全にメガシンカをするための意味合いもあれば、サーナイトのように有利か不利か判断しづらい相手のこだわりを確認する意味合いもあります。サーナイトの場合は、相手がメガシンカしてくれれば守ったあとの毒づきで一撃、最速スカーフのような立ち回りだったら技を固定したあと安全なポケモンに交換、または交換読みでアイアスくんに刺さらない技を打ってくれた場合は抜かされても倒せるので居座って毒づき。ちなみに控えめスカーフなら抜けますよ。
相手の型を確認できたりします。が、守るを挟まなくても抜ける相手の前では初手から攻撃していきましょう。

最後のはたき落とす。これ、実はほっっっとんど使わないので別の技にするか悩み中です。
たまに交代で出てきたなんかのポケモンに刺さって後続の負担を軽減できたり(ほぼ事故です)ラストで残ったメガゲンガーにトドメを刺せたりする程度です。
んー、ドリルライナーのほうがいいのかなぁ。でも等倍毒づきとダメージ変わらないし、打てても落とせないんですけど…。まぁ、適応力なしで威力80ならそんなものでしょう。ヒードランを諦めなくて済むから、選択肢としてはありなんでしょうかね。H212でもギリギリで確定一発にならないけど。そのかわりはたき落とすがないとメガシンカしないゲンガーで対戦ありがとうございましたなので一長一短でしょうかね。

さてさて、さきほどから後続でサポートと言ってますので、アイアスくんと相性がよさ気だと思ったポケモンを書いていきます。

・ヤドラン♂・あざや
熱湯・大文字・冷凍ビーム・怠ける @ゴツメ
ファイアロー怖くないマン。相手が物理ポケモンだった場合交換から受け切れるので、物理が怖いアイアスくんの後続として優秀。役割分担が絶妙で、アイアスくんが苦手な相手は大体役割対象に入ります。具体的にはバシャーモやバレパンハッサムをはじめとした鋼、メガボーマンダに強いです。挑発が怖くないファイアロー対策として採用。大文字を入れることにより、鋼への打点を持てた点がGood。ただ、メガガルーラの秘密の力→岩雪崩で突破されたときはさすがに物理受けとはなんだったのかと思いました。鈍足で固めた選出をした僕が悪いんですけども…。

・メタグロス・トリガナ
バレパン・冷凍パンツ・雷パンツ・思念の頭突き @ラム
ファイアローそんなに怖くないマン。スカーフエアスラキッスだけが怖くて採用。しかし、実際メタグロスなかなか使えます。アイアスくんが苦手なメガマンダやゴツメギャラなどに2色パンチで対抗、135族の攻撃力で十分に火力があり、さらにしっかり調整すれば一致地震も耐えられるところが評価点。ラムでアローの鬼火を1回スカせるのもおいしい。今の環境に冷凍パンツは非常に刺さりますね。フェアリーが猛威をふるうのでバレパンも通りやすかった印象。アイアスくんからの交換先としてではなく、PTの攻撃範囲の補完として優秀でした。上の絵でハブられてますが、でかすぎて入りきらなかったので処刑しました。ご、ごめんね…

・カエンジシ♂・ヴィツィル
オバヒ・ハイボ・めざ氷・欠伸 @珠
ファイアロー怖くないマンは他にいくらでもいるので1匹くらいファイアロー怖いマンがいても大丈夫でしょう。そもそも選出されないし。えっ、カエンジシ?と思うかもしれないですが、実際選出率はヤドラン以上に高いです。絶妙なSのお陰で強気に攻めていける範囲が広い。大事なのはメジャーかマイナーかではなく、仕事がきちんとあるかどうかですね。
仮想敵はギルガルド。アイアスくんのはたき落とす程度じゃ半分くらいしか削れない。後出しからシャドボや影打ち、鋼技を安全に受けて珠オバヒで焼く。さすがにメガスピアーが目の前にいてジャスティスブレードを打つのは勇気がいるでしょうし、半分くらいのギルガルドは聖剣を切ってるようです。
タスキ持つほど脆くはない。でも短命なのでよく考えて立ちまわる必要がある。交換が忙しかったので、大文字ではなくギルガルドを一撃で落とせるオバヒのほうが使いやすかったです。緊張感込で後出しで来たポケモンを強引にどかせるのは強かったですが、不意打ちスカしとして優秀な鬼火や、耐久を機能停止に持ち込める毒々も悪く無いと感じました。

アイアスくんの調整は、4-228-116-0-4-156。
1舞最速メガバンギ抜き、メガガルの不意打ち耐え、残りA。先制技で出落ちなのはさすがにまずいのでBには振りましょう。個人的に、メガバンギと最速スカーフ80族の間に抜きたい相手はいないのでSはこの調整でいいと思います。ていうか、こんだけBに割いてまだメガバンギ抜けるって正気か?
Aに振らないと終盤の抜き性能が落ちるので振りましょうね。


***火力目安 ※耐久は「食らったら死ぬ」くらいの気持ちで立ち回りましょう

★蜻蛉返り
・無振り等倍ゲッコウガ 82.9%~97.9%
・B60振り(珠ガブ地震耐え)メガバンギ 68.5%~82.2%
・特化クレセリア 49.3%~59.9% お、おお…さすがに硬いなキミは…
・B4ガブリアス 49.1%~59% あと8振れば確定2発ですがこれでも98%の超高乱数です
・H4メガガルーラ 49.7%~58.5% 不意打ちで致命傷なので普通に逃げたほうがいいかも
・B252輝石ラッキー 34.4%~41.2%
・特化スイクン 28%~33.8%

★毒づき
・H252ジャローダ 114.2%~136.2%
・H244トゲキッス 108.9%~129.8% エアスラは気合いで避けましょう
・無振りゲッコウガ 93.8%~111.5%
・無振りバシャーモ 86.4%~101.9% 珠ダメが入ってると超高乱数一発です
・無振り等倍FCロトム 76.8%~91.2%
・無振りメガエルレイド 72.7%~86.7% 陽気スカーフはやめろぉ!!
・ハチマキブレバ耐えメガリザY 70%~82.8% 削ったあとなら倒せる
・H4メガガルーラ 56.3%~66.2%
・H4メガボーマンダ(威嚇なし) 46.7%~56.1% 倒せないけどトドメはなんとか
・特化等倍FCロトム 44.5%~53.5% 3割毒込で落とせる確率はなかなか
・特化サンダー 40.6%~48.7%


スピアー可愛いですね。育てるとなんでも可愛く見えてしまう。
それでは、ごきげんよう。アキヒロでした。
PR

アキヒロです。ポケモン19周年おめでとうございます。

ポケモンお誕生日の記事は、前からちらちらと名前だけ出していた
メガボスゴドラをついに(?)解禁したいと思います。

今まで渋ってた理由は描くのめんどそうだからなのですが、
実際描いたらめんどかったです。


ボスゴドラ♂・エフォルテ
レベル50時実数値:161-156-201-x-105-82
メガ後:161-189-251-x-125-82

ヘビーボンバー・地震・ストーンエッジ・電磁波 @ナイト

意地っ張りでちょっぴり見栄っ張り。
さて、メガボスゴドラのギラギラと光る他者を寄せ付けない魅力といえば、なんといってもその反則級の物理耐久力。
そのすごさを一言で表すと、陽気A252メガルカリオのインファイトを無振りで耐えます。す、すごい。一致全振り弱点120技を無振りで耐えるような化け物がいて本当にいいんでしょうか。耐えちゃったんだからしょうがないですね。波動弾もHD特化なら耐えます
そんな規格外の耐久力をどう使うか?
PGL統計では最も多いのは、ステロを撒いて、電磁波を撒いて、吠える。らしい。

てやんでぇいべらぼうめぇ!!!

メガシンカしてまでステロ吠えるとはなんてチキンな。いや、やられたことあるから強さはわかるんですけどね。
でもね!!ロマンがないじゃないですか!!
せっかくバンギラスと双璧を張るメガ怪獣なんだから、殴ってなんぼです。
ジュリエットを紹介したときに、耐えながら殴る強さを語ったかと思います。
どのくらい強いかっていうと、物理アタッカーに負けたことがないくらい強いです。比喩じゃないですよ。
半端な不一致弱点じゃ3発食らっても沈まないし、その間にこちらは腐ってもA140の種族値で反撃に出ることができます。

当然相手はダメージを見て引いてきます。
それを見越して、誰に交換されるかを注意深く推察して電磁波を撒くなり弱点を突ける技を選ぶなりしていきましょう。
でも、今のところヘビーボンバーと地震があれば十分です。理由は、そもそもヘビーボンバーで厳しい相手からは引いたほうがいいから。
例を挙げるならば、炎、水タイプや、高物理耐久、鬼火撒きなど。地震で弱点を突けない相手には、交換読みで電磁波を刺すことができるなら刺して、そのあとすぐに引いたほうが腐らせずに済みます。
一番使用頻度が低いのはストーンエッジ。たまにファイアローに刺さるくらいです。
せっかく余裕を持ってガブリアスの地震を耐えるのだから、冷凍パンチがあってもいいかもしれませんね。

電磁波を刺す先は、素早さが逆転すれば勝てる見込みのある相手、という説明が一番腑に落ちます。たとえば不一致特殊弱点持ちなど。相手の攻撃を何発耐え、相手を確定何発で倒せるか、大体の計算が頭に入ってるとやりやすいですね。
ただ、このエフォルテはかなり(でもないけど)S調整してあるので、鈍足組は大体抜かせます。具体的な調整は4振りニンフィア抜き。本当は腹太鼓馬鹿力マリルリが怖くて調整したのですが、この60族抜きというのがミソで、おまけでピクシー・マタドガス・ジバコイル・オーロット・ハピナス・特大パンプジンあたりもまるっと抜けるようになります。鬼火を撒かれる前に、一発殴られる前にこちらから行動できるのは非常~~~~~~~~~にデカイ。
なぜ4振りニンフィア抜きなのかといいますと、めざ炎・地を食らってから倒したら、減った分のHPがもったいないから。あと、自分が先に動けると踏んでいた相手に面食らわせることができると楽しいから。

PTにいると、あのポケモンはエフォルテで耐えて殴ればいいやというふうに選出することが非常に多く、そのぶんの期待を必ず上回ってくれます。
攻撃力も言われてるほど悪くないのでオススメです。
ていうか、致命的に耐久が低いならともかく、こんだけ贅沢な耐久持ってて一撃で倒す必要ないと思います。
耐久調整は、控えめメガフーディンの気合玉耐え(フィルター込)。こんだけ振れば特殊でも不一致弱点なら耐えます。この調整が相手の攻撃をどのくらいの体力を残して耐えられるかの目安。

相手のメガバンギラスとこちらのメガボスゴドラが対面して殴りあったときの映画を見てるような興奮は是非みなさんにも味わって頂きたい。
それでは、ごきげんよう。

(追記:3/14)
具体的な努力値の数字を知りたい方が結構いるみたいなので載せておきます。
H124 A92 B4 D196 S92
控えめメガフーディンの気合球耐え(フィルター込)
4振りニンフィア抜き
残りAB

アキヒロです。
今回は、ペンドラーとニャオニクス♀の眠そうコンビを紹介します。

ペンドラーもニャオ♀も眠そうですよね。


ペンドラー♀・ニコ
意地っ張りでちょっぴり見栄っ張り。どんだけ素直じゃないんですかね。

守る・メガホーン・バトンタッチ・鉄壁 @弱点保険

まずはこの子。ニャオ♀を活躍させるにはどうすればいいか悩んだ末に出てきた自分なりの答え。うまくいけば加速+弱点保険+鉄壁で、なんと1ターンに7段階も能力上昇できます。
他のバトン戦術との差別化は、
1.加速による自動能力上昇
2.虫タイプであるため抜群を取られやすく、保険が発動しやすい
3.先手で鉄壁を貼れば弱点でも余裕を持って耐える
この3つ。特に3番目は結構威力のある爆弾で、特化バンギラスのストーンエッジも砂込で耐えます(エッジ最大ダメ76.6%)。さらに保険が発動すれば返しのメガホーンで余裕の確定一発。ただ、素のBが低くはなくても高くもないので過信はしないように。
リュシル(後述のニャオ)の苦手な悪タイプを倒せればこっちのもの。

苦手な相手は、特殊アタッカーや鉄壁でガードが間に合わない相手(ファイアローなど)。特に炎タイプはどうしようもないので、選出の段階で諦めましょう。
基本的にこの子で殴ることはあまりなく、あくまでメガホーンは悪退治や挑発対策、ラス1になったときの保険用。
十分に能力アップしたら、リュシルにつなぎます。


ニャオニクス♀・リュシル
図太くて打たれ強い。なんかそんなかんじの顔してます。

めざめるパワー(炎)・瞑想・あくび・アシストパワー @食べ残し

ニャオニクス♂の悪戯心が非常に強力で、どうしても影に隠れがちなニャオ♀をどう使ったら強いかを考えた結果、アシストパワーに注目。
本当はこいつに保険持たせたほうが話が早いんじゃないか?とも思うのですが、食べ残しの回復と、鉄壁をバトンで引き継ぐのが密かに重要。そんじょそこらの適当な物理技じゃびくともしません。Sは元々それなりにありますし、なにより加速も引き継ぐので相手より速く瞑想を積めれば特殊も硬くなります。

他のアシストパワー持ちとの差別化。
・ニャオ♀というだけで何をしてくるのか読まれにくい(ちょっと切ない)
・すり抜けによって身代わり・壁に強い
・かわいい(重要)
特にすり抜けの存在は大きく、アシストパワー一致&あくび持ちのエーフィと比較したときに、相手が身代わりを貼っていてもあくびが入るという点で上回ります。
ちなみにエーフィでやる利点は挑発や毒々を跳ね返せる、素の火力が高いなど。
しかし、今作は火力のインフレがひどいため壁を持っているポケモンが多く、すり抜けは決して小さな存在ではありません。
ニャオ♀はそもそも♂の存在に隠れているのでまず♂との差別化を測る必要があるため、つい夢特性に目が移りがちですが、今のところ夢のほうがよかったと思ったことはほとんどありません。

ちなみにアキヒロさんは♂も育ててます。頂いた子です。リュシルの親です(小声
♂は壁+電磁波のサポート型で、相手のPTに関わらず適当に選出しても役立つのですが、やはりハマったときの感動が大きいのは圧倒的にリュシルのほうです。

ニコとリュシルがハマったバトルビデオ。肝心の保険が死んでしまったのが汚点。
AMMW-WWWW-WWW9-M8T9

こちらはリュシル単体。相手の判断にも助けられてますが、面白いほどハマってます。
PCBG-WWWW-WWW9-MY9H

アキヒロです。

今回は、ついに嫁枠の紹介です。
ムウマージの登場ですよ。

今までムウマージは公式絵でもゲーム画面でもグッズでも常に無表情でした。
そんなムウマージがパルレや対戦画面で様々な表情を見せてくれれば…お前…正気でいられるわけないやろ…(恍惚


ムウマージ♂・ヴィッサ
臆病で打たれ強い。どっちだ
XYに入って初めて育成したムウマージがこの子。ていうか、XYは最初から最後までこの子が安定するんじゃないでしょうか。

祟り目・鬼火・呪い・電磁波 @オボン

しばらくスタメンを紹介しているわけですが、真にスタメンと言えるのは今のところキリキザンとラプラスとこの子。
なんだかこの3匹がいないと勝率が安定しません。(いても安定しないときはありますよ)

まぁ、実際は強力なキリキザンやラプラスや他のポケモンの補助をするだけなのですが、
今まで長いこと使ってきただけあって、アキヒロさんにしては読みが冴えるのがムウマージを使っているとき。

ここで相手は交換してくるんじゃないか?
ここで突っ張ってきたってことは、相手の後ろのポケモンはあいつなんじゃないか?
ここは攻撃せず補助技のほうがいいんじゃないか?

第五世代の半ばから本格的に対戦を始めた身なので、他のトレーナーのみなさんよりは嫁を使ってた期間は短いと思います。
それに僕は対戦において頭が回るほうではありませんし、ムウマージのことを一番わかってるのは自分だとも思いません。
でも、やっぱり自分が一番理解してるのはムウマージだと思うのですよ。

さて、この子は以前紹介した状態異常撒きムウマージ
嫌がらせが目的であり、最大の役割は「相手のエースを機能停止まで持ち込む」こと。ガブリアス、メガガルーラ、メガクチート、バンギラス、もっと言えばサーナイト、リザードン、ギャラドスなど。さらに、ゼルネアスを台頭とした伝説のポケモンたちにも先手を取れるため電磁波が刺さります。ディアルガでさえ最悪突破できる。このブログ見てる人って伝説のポケモンなんて見ない人ばっかりだけど
なので、先発で出てきたエースを確実に潰しましょう。

祟り目の威力は今作で65になり、一致+状態異常で実質195。無振りでもかなりの威力が出ます。が、やはり抜群でないとやけどのスリップダメージ込でも惜しいところで一発まで持っていけません。でもなんかマージのC種族値が上がるのには抵抗が…なぜ…
相手の攻撃を一発耐えるかどうか、しっかり見定めましょう。
特に厳しいのが電気タイプの特殊アタッカー。ロトムやサンダー、ライボルトなど。それと、祟り目ワンウェポンなのでノーマルタイプもつらいです。

呪いは特殊受け用。再生回復持ちで、祟り目込でも厳しい相手に刺しましょう。メガフシギバナ、ポリゴン2など。クレセリア? 元から祟り目抜群じゃボケェ
身代わり・守る貫通です。ついでに相手がゴーストダイブなどで姿を消していても使えます。何があっても必中。ノイコウやグライオンにも刺してみましょう。
身代わりを貼ってから舞おうとする積みアタッカーも居座りづらくなります。
一時期呪いを道連れに変えて潜っていたのですが、そもそもムウマージの仮想敵は積みアタッカーや耐久ポケモンなので、道連れを見た途端に積みまくる相手もいます。
長いこと呪いマージを使ってたせいもあってか、僕としては呪いのほうが打ちやすい印象。
HPが半分以下の状態で使うと、呪いが失敗せずしっかり発動したうえで退場できるのも嬉しいところ。

注意すべきはクレッフィ。いばみがで居座ってくるのか壁を貼ってくるかが微妙なため様子を見たいところですが、いたずらごころで先に行動されてしまいます。
電磁波無効のライボルトあたりに交換してみるのがよさげ。勇気があれば初手から呪ってみるのもいいかも?ただ、壁を貼るクレッフィはそもそも居座る気がないのでかなりバクチです。

ムウマージは決して爆発的な火力や驚異的な耐久力があるわけではなく、強いかどうかと言われれば微妙です。が、選出すれば必ずムウマージがいなければ勝てなかったという場面が出てきます。壁役としても
鬼火と電磁波を打ち分けられるというだけでやはりサポートとしては十分であり、鬼火を打ってきたってことは電磁波はないと判断して意気揚々と出てくるリザードンに電磁波をお見舞いしたことが何度もあります。

オススメです。

てか使ってください。

使ってて思うのは、「多分相手はこのムウマージいやらしいなって思ってるだろうなー」ということが非常に多いということ。強い、ではなくいやらしいのです。
そこが中級者向けたる所以。
たとえばサーナイトゲンガーなど、同じように電磁波→道連れや鬼火→祟り目ができるポケモンと比較したとき、彼らには素で火力があり、普通に殴ったとしても純粋に強いのです。
その点、ムウマージは火力が足りず、そのかわりにちょこざいな補助技が多数揃っています。それが僕の場合は呪いだったわけです。
ある種でこのムウマージはオールマイティな型で、どんなポケモンが出てきたとしても大体何かしらの行動ができます。

どう動くのが相手にとって一番いやらしいか?
後ろに控えるポケモンと相談しつつ、うまく立ちまわっていきたいところ。

努力値は呪い1回でオボン発動、Sぶっぱ。
もうちょっと調整したほうがいいのかもしれませんが、個人的にはこれが一番硬い振り方。

なんとかしてムウマージの動きがわかるBVを撮ろうと思ったのですが、「よしきた!理想通りの対面!」と思ったら鬼火が外れる試合をかれこれ一週間繰り返してきたので諦めました。働け
 
アキヒロです。おまたせしました。絵を入れました。
今日は、メガサーナイトと選択でパーティに入る、メガライボルトについて紹介しますよ。


※メガシンカ時ステータス:153-x-107-173-100-205

ライボルト♀・カナリア
臆病で昼寝をよくする。
ムウマージに慣れるとメガポケのステータスがちょっと何言ってるかわからないレベル。
メガライボルトかっこいいですねー。人によって感想は大きく変わるようですが、アキヒロさんはすごくいいと思います。初見で「なんだこのデザイン!?」とびっくりしたのですが、そのびっくりはいい意味だったのだと後々気づきました。
多分、他のメガシンカは元のポケモンに装飾を加えてるだけなのに対し、メガライボルトはシルエットから大きく変わってるのが僕の中で新鮮だったんだと思います。

10万ボルト・ボルトチェンジ・オーバーヒート・めざめるパワー(氷) @ライボルトナイト

特に説明することもないような気がするテンプレメガライボ…。
アキヒロさん、ポケモンを育成するときにパーティ単位で考察したりしないです。「あのポケモン好きだな~育てたいな~、じゃあどんな型があるんだ?検索してみよう」→育てる→現在のパーティのバランスを見て誰か一匹と交換で使うというかんじ。「このポケモンを軸に補完でこのポケモンを入れてサポートでこのポケモンを…」というふうに構築したりしません。
それじゃ勝てないって? だからレートじゃなくてフリーなんだよ…
好きなポケモンで好きなように対戦して、勝てたら嬉しいねってスタンス。

前置きなげえ。ライボルト関係ねーじゃん!

メガライボルトですが、思ってたよりは強いです。どんだけ期待してなかったんだよ…
メガポケにしては種族値が控えめだったので最初はあまり強いと思ってませんでした。しかしまぁ、アレですね。電気技の一貫性といいますか、半減できるタイプが比較的少なく、またその半減相手にはオーバーヒートやめざパがあるため、数字以上の強さがあるような気がします。
せっかくキュウコンの日照りで活躍の場を与えたのに大文字を外して早々に散ってったどこぞのメガヘルガーとは大違いです。

さて、このスタンダードの極みのメガライボルトですが、思ってたほどボルトチェンジを打ちたい場面はないです。
先発で起用し早々にメガシンカ、ボルトチェンジを打ちつつ威嚇を撒いていく…と某wikiには書いてあったのですが、僕の場合は「相手の電気技を読んで避雷針で吸収、その後メガシンカ」という試合が多く、メガシンカのタイミングはわりと遅いことが多いです。
というか、ボルチェンを打ちたくても打てない場面なんてざらにありますし、有利な対面なら10万でいいし交換で出てくるポケモンって大体地面タイプだし…
あったらあったで便利ですがね。あと、モーションがかっこいい。

メインは10万ボルト。やはりこの技がないと始まりません。この技がないと始まらなすぎて語ることがありません…
ゲッコウガやファイアローなど、強力なアタッカーに先制を取ることができます。安心してビリビリしましょう。

めざめるパワーはスタンダードな氷。ガブリアスは相手によっては有利です。具体的にはスカーフ・ハチマキ・メガガブ以外。本来は不利な相手なので、ムリに相手しようとせず安全に倒せる立ち回りをしましょう。
相手のガブリアスがどんな努力値調整だろうと一撃で持っていけるラインまで他のポケモンで削らないと、このカナリアさんはガブリアスを一撃で仕留めることができないため打ち負けます。
(C実数値187(252振り)めざ氷→無振りガブ:89.6%~107.1% C173:83%~98.3%)
威嚇が入れば陽気ガブリアスの地震を耐える調整にしてあれば、とりあえずスカーフ・ハチマキ・メガガブ以外は2回殴れるのでOK。珠なら最低乱数以外で相打ちです。
とまぁ、不安定な相性なので他のポケモンである程度削っておきましょう。

オーバーヒートは思ったほど打つ機会がないです。が、今はこれでもかってくらい草タイプが切ない環境なので仕方ないです…
圧倒的な素早さから状態異常などをスカせる身代わりなどでもいいかもしれませんね。あるいは突破できない特殊受けをむりやり突破する毒々とか。

メガライボルトさん、思ってたよりは強いのですが、キリキザンやラプラスが劇的に使いやすくなったのに比べると思ってたよりは強いの域を出ず、爆発的な強さはありません。
エースを担えるスペックはありますが、とりあえずこいつで殴ればいいくらいの活躍を期待するなら他のメガポケを使ったほうがいいかもしれません。そんなんいるか知らないけど
とはいえ、メガ枠を使っても入れる価値はあるので、うちのスタメンのひとりとして使ってます。

努力値はSぶっぱ・HB陽気ガブの地震耐え・残りCです。
CSぶっぱだったときより火力が若干落ちてますが気になるほどではなく、耐えられる範囲がわかったことで以前より動きやすくなった印象です。
  
プロフィール
HN:
アキヒロ
性別:
非公開
自己紹介:
オススメ記事→ / /
P R
Copyright ©  -- ムウマージカルシャイン --  All Rights Reserved

Design by CriCri / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]